HOME > お掃除ブログ > 2ページ目

お掃除ブログ 2ページ目

浴室のカビについて

今回は浴室(お風呂)のカビについてです。
お風呂の汚れの種類は他の場所をちがっていくつもあります。
カビ、水あか、湯あか、石鹸カス、ドアまわりなどはホコリも。
その中でカビは皆さん気になるやっかいな汚れの一つです。
湯あかや水あかは浴室の材質の色で目立たなかったりすると、結構ついていても気にされていない方もわりと多かったりします。カビ、特に黒いカビは目立ちますし、いかにも汚れている、キタナイ!って感じになります。
 カビを防ぐ方法は水気を残さない、そのためにすべきことは・・・。これはまた別のブログで書きます。
今回は生えてしまったカビ、中々落ちないカビの落とし方についてです。
まぁハウスクリーニングを頼んでいただくのが一番いいのですが。ここではご家庭で普段やれるカビ取りの話をします。
 カビを落とすのはやはり次亜塩素酸ナトリウムのカビ取り剤です。これは一般の方にも浸透している市販の洗剤でもよくあるカビキラーやカビハイターなどです。

私たちプロも使うカビ取り剤も基本成分はこの次亜塩素酸ナトリウムの洗剤になります。
 使用にあたっての注意事項、換気をするや手袋、マスクをする等はお使いになる市販の洗剤の注意書きをよく読んでお使い下さい。(「まぜるな危険」も要注意!)
 まずカビ取り剤をまく前にシャワーで水をうつかどうかです。カビの生えている部分だけにしか洗剤がかからないようにしたいそのために水養生、浴室全体に水をまいて洗剤が垂れても直接洗剤が触れない、薄まるので悪影響がでないという観点で先に水を打つことをお勧めします。ただしこの場合は当然落としたいカビの生えている部分も濡れるためここも洗剤が薄まり効力が落ちます。洗剤をまくだけでなくブラシ等で何度かこすったり噴霧しながらできるだけ洗剤がカビの面にきっちり届くよう塗った方がいいです。
ただ市販されている洗剤はいろいろな方、専門知識のない方が広く使われますし、中には豪快に無茶な使い方をされる方もいらっしゃるかも知れません。それを想定し問題がおきないように洗剤メーカーも考慮しておりそれほどリスク(変色や退色など)はないとは思いますが。(ただし、洗剤の種類、メーカーは多岐にわたり、浴室の部材も様々で日々変わったり新しいものがあり、全てにおいて安全とは言い切れません。あと部材の経年劣化等がお悪影響する場もありますので)
 上記の方法でも中々落ちないひつこいカビはやはり、洗剤の効力を十分発揮させるため洗剤噴霧前に水を打たずに行う事です。それで余計な部分にかかって、変色や退色等のトラブルが気になるようでしたら余計な部分についた洗剤をふき取るか水で流すことです。

最初にふれたように浴室の汚れはいろいろあり、それぞれ別々の存在するのではなく入り組んでいたりもします。カビの上に湯あか等がついている場合もあり、そこにカビ取り剤を噴霧しても直接カビには届かず、効かないケースもあります。ですので普通にカビ取り剤を使っても落ちない場合は先に他の汚れを十分取ってから、カビ取りにかかるのがベストです。

最後にカビ取り剤のCMでもよくやっている中々落ちない、ビート(ゴム)やコーキング(シリコン)についたカビです。CMではその洗剤で落ちるという形でPRしてますが、皆さん、ご経験ある方も多いと思いますが、そうは落ちません。我々プロでもこの部分のカビは落ちない場合があると事前に了承を得て作業をします。
ではなぜ落ちないのか?ドア周りのビートや浴槽と壁のすき間をうめるコーキングの材質のゴムやシリコンは当然その使用目的上、水は通しませんが、分子レベルと言っていいのかもっと細かい組成の部分で考えると多孔質?細かい穴があいているような構造。そこにカビは菌糸をおろすのです。植物が土に根をはるように。浴室の樹脂の壁の面や壁のタイルのツルツルの面にあまりカビが生えません。水が残りにくいとういうこともありますが。
生えていてもさっと拭けば簡単にとれます。カビも生き物、生き延びるために簡単にふき取られてしまう場所より、奥に菌糸をはって定着できる安住の求めるのは当然です。
したがってこの部分に生えたカビはカビが根をおろした奥までカビ取り剤の洗剤が届く(浸透)しないと無理ということなのです。
ではどうするか、これはじつは私たちハウスクリーニング業者より、一般の方、ご自身の方がやれる方法、湿布法です。
カビの生えたコーキングやビートの上にトイレットペーパーで作ったコヨリをのせてカビ取り剤を噴霧し湿布していくのです。さらに乾かないようにするにはその上からラップをするのもいいでしょう。そして時間をかけて洗剤を奥に浸透させるのです。
ハウスクリーニング業者よりおうちに住まわれているご自身のほうがじっくり時間をかけることができるので効果が期待できます。
トイレットペーパーは水に溶けますのでそのあと洗い流せばいいのです。大量に一度に流すとさすがにつまりの原因になりかねないので手で取れる分はある程度手で取っておいて流す方がいいかも知れません。これも長時間効かせるのでカビを落としたい部分以外の余計な部分に長時間洗剤にさらされることのないようご注意下さい。

洗剤のお話

ハウスクリーニングあるあるではないですが、ハウスクリーニングにうかがってお客さまによく聞かれるのが、「やっぱり、使っている洗剤は私たちが普段使う市販の洗剤とはちがう特殊なものなんですよね?」という質問。
 当然「違います」と。一般の人々が使う市販の洗剤で落とせるなら私たちにお願いされる必要がなくなります。
 市販の洗剤にもいいものはありますし、最近は業務用の洗剤やマニアックな特殊な洗剤等もネットでさがして買うこともでき、何が業務用、何が市販とういうのもわからなくなってきていますが。
 例えばレンジフードクリーニングにうかがってる時にこのようなやり取りがあったとすれば、「換気扇を外して(シロッコ)ファンなどを取り出すことができてもそのファンの細かい間にねっとりついたコテコテの油を市販のどの洗剤を使ってどうやって落とせばいいかわかりませんよね」「フィルターの細かい目の間についた油、市販のどの洗剤でどう落とせばいいかわからないですよね?」とお話することも。通販のデモンストレーションをみてこれなら私でも(私んちのひどい油汚れも)落とせそうと買ってみたり、ネット検索を駆使して探しあてた洗剤を使ってみようと思われた方も少なくないと思われます。
でもたいていの方、特に女性の方は汚れ落ちを期待する洗剤=強い洗剤、下手にやっては変なことにならない?なったら困る?とためらわれるようです。
 反対になんでも自分でやってみたい、やったらできるのではと考えてチャレンジされるのは男性の方の方が多いです。
 最近、たまにある話ですが、奥様からのご依頼ではなく、ご主人からのご依頼で、作業当日、立ち会われるのもご主人、浴室クリーニングでうかがっていたとすると濃色の床のタイルが結構、白くなっている。石鹸カスや水垢にしてはうかがっている築年数や使われ方にしてはかなりひどい。作業前にいろいろ話を聞いてみると、元はもっとちょっとの白い汚れだったのをネットで調べて酸性の洗剤で落ちると、さらに調べて探し当てた酸性の洗剤でやったらこんなになったと。ご自身でやらかしてしまったことは先におしゃらず、経験上汚れ方?(白くなり方)が変だといろいろ聞いていくうちに白状されるというパターンも。
結局、自分で手におえず、依頼されたということ。主婦の方は普段掃除していてある程度の事はわかって、変にむりをせず、自分で落ちない汚れや掃除が大変になったらあっさり頼まれるようですが、男性の方でめんどくさがりの方や奥様任せの人ではなく、結構おうちのことをいろいろ自分でされる方は、表現が不適切かも知れませんが、何とか自分でやろうと悪あがきをして失敗されるケースがあります。
 
そしてここからはハウスクリーニング業者の使う洗剤についての話になります。
市販の洗剤は効力が弱い分、誰が使ってもまぁ安心な無難なものになっています。
前述のような掃除の素人のご主人が失敗されるように、よく効く洗剤=強い洗剤をつかうにはそれなりのリスクもともなうという事です。
このリスクを回避できる技術・知識・経験があってそのような強い洗剤を使いこなせるからプロのハウスクリーナーなのです。
 プロが使う洗剤は「市販のものとはやっぱり違うんですよね?」の質問の先に「その洗剤があれば私にもおとせる?」の発想はやはり危険です。ハウスクリーニングを頼んで下さいという事になります。
 そしてハウスクリーニング業者の間でも使う洗剤は様々です。市販の洗剤に毛の生えたような洗剤で作業している業者もあれば、落とせない汚れはないというのを目指すあまりかなりマニアックなリスキーな洗剤を使う業者さんもいます。
 例えば大手やフランチャイズ系の業者さんであればそこでの指定の洗剤があったり、作業者間での仕上がりの差をなくすためマニュアル化を進めるとどうしても無難な方向に行きがちで使う洗剤もそうなりがちです。ある作業者が使った洗剤や道具でトラブルが起きると、もう一切その洗剤の使用禁止のお達しがでます。リスクを理解し扱い方を注意して使用するなどのスキルをあげるなどの事を全作業者に仕向けるのは困難なため、素人さんが失敗したようにトラブルがあったらもう使わないという事を全作業者に水平展開していく方が手っ取り早いのとクレームを防げるからです。このような事が繰り返されれば、どんどん無難は方向へ進むということです。
 逆に極まれば極めるほど、リスキーな方向へも行きかねません。平均的なハウスクリーナーが落とせない汚れが落とせる、これは素晴らしい事ではあります。では一般的なハウスクリーナーができないことができるというのは何が違うのか?素人が使う洗剤とプロが使う洗剤が違うように、落とせない汚れが落とせる、それは・・・ということです。お察しがつくと思います。他社批判のようなことはあまりしたくないためこれ以上は書きませんしその極めた技術・知識をうたい文句にされている業者さんはリスクを回避できるだけの技術や経験をお持ちだと思います。ですが作業するのは人間です。極めても100%、絶対ということはあり得ません。
 私どもは自信でリスクを回避するのではなく、高いリスクは避けるのが勇気かと、プロとしては何でも100%落としたいですし、「絶対落とせます」「落とせない汚れはないです。と言いたいですが、落ちないものは落ちないという勇気は必要かと。
 それがHP内「想い」のページにある着地点は80点位ということにつながります。
ただしあくまで業者を選ばれるのはお客さまです。お客様の求める価値観・判断基準でご判断下さい。

浴室、トイレの換気扇クリーニング

長くお使いのお風呂で最近、以前よりカビの生えるのが早い(ひどい)ということありませんか?
使用後のトイレのニオイが中々消えない、そんなことも
もしかすると換気扇にホコリや汚れがつまり、うまく換気できていないかも知れません
写真をご覧下さい。


ビフォーはホコリがいっぱい詰まっています。これでは空気をかき回すことができず、換気できません。換気できてなければお風呂は中々湿気がとれずカビの温床に。
トイレはニオイがとれず、くさいまま。
お宅のお風呂、トイレは大丈夫ですか?
素人では換気扇のフタ(カバー)すら外し方がわからず、入居したまま放置、年数が経っていればそれだけすごいことに・・・。
 カバーすら外せないので当然、中のファン等を分解してまでのお掃除は無理。
となると我々プロの出番です。
 小さな換気扇で簡易的に外せるタイプは通常の浴室、トイレクリーニングの際についでに無償で行いますが。電動工具等で外す必要があるものはオプション(有料)になります
(例:写真のタイプのものはオプションです
機種や形状によりはずせないものもあります。外すと戻せないタイプのもの(ネジではなく一度外すと広がって再度刺せなくなる樹脂のピン止めのタイプなど)もあるので換気扇分解クリーニング対応不可のものもあります。
トイレ、浴室の換気扇クリーニングのご依頼は単品での対応はしておりません。基本、浴室、トイレクリーニングをお頼みいただいてのオプションになります。
また注意事項として、クリーニングの前後で以下の理由で音の変化が生じますのでご理解の上、お申込み下さい。
ホコリや汚れが取れたことにより、風量が増し、風の音が大きくなりうるさく感じる。
モーターの負担が軽くなり音が小さくなる。ホコリ、汚れが取れ回転が軽やかになりモーターの音が際立ってクリーニング前と違った音に聞こえる(ホコリで音がこもっていたので気づかなかったモーターの劣化等による音がホコリ等が取れてクリアに聞こえモーター音が目立つようになる)ホコリ、汚れがついていた状態で長年、回転していてその状態で取れていたバランスとホコリ、汚れが取れた状態での回転バランスが異なるため、音が変わる。等々、状態や汚れ具合で変化の仕方も異なりますのでご理解下さい。

掃除を頼むという事

ハウスクリーニングというもの=おうちの掃除を業者に頼むという事がかなり浸透?普及したとは言え、まだまだご依頼される方、件数は少ないと思われます。  ある意味、独立したメニューでもっとも頼まれるケースが多そうなエアコンクリーニングで見てみてもどうでしょう?  今、このような業者のサイトを閲覧されている方は何らかの形で、ハウスクリーニング、エアコンクリーニングに関心がある方だと思います。でも例えば今初めてエアコンクリーニングを頼もうとされている方、あなたのまわり(お友達、親戚、ご近所さん)でエアコンクリーニングを頼まれた経験のある方が何名いらっしゃるでしょうか? 想像されてみてください。10人くらいに「エアコンクリーニングやってもらったことある?」って聞いてみてあなたのまわりで何人の方が「やってもらった」って返事が返ってくるでしょう?1人くらいいれば多い方だと思いませんか?  となると仮に10人いて1人=10% でも今やおうちにエアコンは複数台あります。その唯一1人の方も設置せれてるエアコンを全部クリーニングしてもらったというと・・・家にあるエアコンの1部または一番使う1台しかクリーニングしないケースも多いはず、となると世の中にあるエアコンの数%くらいしか、エアコンクリーニングされていないという推測が成り立ちます。  エアコンクリーニングすらそのような感じです。その他のお掃除を業者に頼むというのはまだまだ少ない、頼む事へのためらい、抵抗もあると思います。 まず、炊事・洗濯・掃除の家事の1つである掃除は基本自分でやらないと。家事=主婦の仕事と決めつけると今の時代批判も浴びるかも知れませんが、やはり主婦の方は自分がやらないと、サボっている、手を抜いているという罪悪感、後ろめたさが多少なりともあると思います。

でも考えてみて下さい、他の家事、炊事:外食したり、出前をとったり、出来合いのもを買ってきたりと、時と場合に応じてプロが作ったものを買ったり、食したりします。洗濯:スーツやおしゃれ着など、自分で洗えないものはクリーニング屋さんに出されます。  なぜ、お掃除はアウトソーシングしないの(他に頼まないの)? 時間がなくて料理ができないのと同じ、分解してできない、換気扇やエアコンクリーニング、自分では落とせないよごれ、衣服のクリーニング同様、プロに気軽に頼まれればいいんです!!  次にお金。どのメニューも1万円以上します。もったいない、1万円あれば美味しいものが食べられる、ちょっとしたものが買えるなどとも考えがちです。でも考えてみてください、今お住まいのおうちは何千万もして買われたもの、キッチンやお風呂、換気扇はそのおうちの一部、それの維持メンテナンスにかける費用としては全然高い、無駄なものではありません。車でも維持メンテナンス費用はかけているはず、車検はもちろん、オイル交換でも半年や数千キロに1回数千円かけてメンテします。おうちはなぜしないの?  汚れを放置しておくと、部材の劣化を早めます。例えば換気扇、油が塗装をおかしたり、酸化で劣化、腐食させることもあり得ます。きれいにすることが結果長持ちっていうことにもつながります。 ハウスクリーニングを頼む方、頼む理由、きっかけは様々です。新築のおうちを買って数年経ってそろそろ汚れが気になる。不思議と4年目くらいが多いです3年くらいして汚れてでもまだ早いかな?5年は放置せず、4年くらいに頼んでおこうって感じで、このようなケースで頼まれると大抵毎年、定期的に頼むようになられる方も多いです。一度頼めば、その良さと前述のような頼むまでの迷いはもうないので。 とことん汚してしまって手に負えなくなって頼まれるかた、自分ではマメにきれいにしてるけど、できない箇所、落とせない汚れがある。共働きで忙しい、子供が小さくて掃除に手が回らないなど。 歳をとってきて掃除する体力がない、足腰がよわって掃除するのも危ない、子供が独立し年配夫婦で一戸建てにすんでいて掃除するのが大変などなど  こういう年配の方も、世代的には掃除を他人さまに頼むなんてって考えも強いですが、割り切って一度頼まれるとリピートされるケースも多いです。 初めて頼んでいただいた方のほとんどが頼んでよかった、これならもっと早く頼めばよかったと言っていただきます いろいろな世代、立場の人がそれぞれの理由で掃除を棚まれる時代、お気軽に頼んでみてください。

素人とは違うサッシ清掃

今日はガラス清掃のお話。
街中でも下の写真のような道具を使ってガラス清掃をしているのを見かける事があると思います。

緑色のふさふさした布のようなものがついたのがシャンパーといい、上のシルバーのものがスクイジーと言ってゴムがついていて車のワイパーのようにそのゴムでガラス面の水(洗剤)を切っていくものです。
 これらをくるくるこきみよく動かしてガラスをきれいにしているのを見ると、
プロって感じしますよね((笑)
「おっ、さすがプロ、一発できれいになる」と思われた方も多いはず。
街中で見かけるガラス清掃はビルや商業施設のガラスを専門にやっている、ビルメンテナンスさんの業者がほとんどですが、ハウスクリーニングが中心の我々もこのようなシャンパー、スクイジーを駆使し、ガラスをきれいにします。
このシャンパー、スクイジーも大きさ(長さ)や種類、材質等色々あり、作業者の好み、こだわりがあるものです。「弘法筆を選ぶ??」ですかね。
また、効率よく、きれいに仕上げるのに動かし方も多少異なります。
年末に家族総出でガラス掃除とかで市販のガラスクリーナーをつかってせっせと拭き拭きしても何か拭きムラがあったり、すっきり決まらないと感じた経験も多いはず。
プロがあまり手ぶきでガラスを仕上げず、シャンパー、スクイジーで仕上げるのは、こちらの方が効率がいいのときれいにスッキリ仕上がるからです。
定期的にサッシ、ガラス清掃を頼んでおられるお客さんは、やはり自分でやるのとプロがやるのとでの仕上がりの差を実感されリピートされます。
年に一回年末にというのが多いですが、年に一度プロがきれいにリセットしていると普段のご自分でされる掃除もやりやすくなるとういう感覚もお持ちになります。
 簡単そうに見えて、ガラス掃除もじつは奥が深いものです。

サッシクリーニングの場合、ガラス面だけではなく、網戸、枠、レール全て行います。レールは事前に掃除機かけをしたり、流せる場合は水で流し最後は写真のようなサッシのみ、サッシベラという道具を駆使し、隅々まできれいに仕上げます。こういった道具使ってまで、なかなか自分ではお掃除されないと思います。
あと、サッシクリーニングした直後、雨が降るとせっかく掃除してもらったのにまたよごれると思われがちです。どうせ雨が降ったら汚れると言って放っておくとずっと汚れがたまる、汚れる一方です。タイミングの問題はあってもどこかできれいにしてリセットした方がいいです。汚れがよごれを呼び、汚れを加速させます。また前述のように我々、プロが一旦、きれいにしたガラスは汚れにくくまた汚れも落としやすくなります。サッシ清掃を頼まれたお客様のリピート率が高いのはその証拠でもあります。
窓の汚れが気になる、掃除が面倒とお考え方、是非プロのサッシ清掃をお試しあれ。

掃除の基本 掃除機かけ

今日は掃除の基本、掃除機掛けのお話。
おうちの掃除でもっとも日常的に行われているのが掃除機掛け、そういう意味でも掃除機掛けは掃除の基本中の基本と言えるでしょう。
話が少しそれますが、そもそも汚れはあらっぽく大きく分けて以下の4種類に分けられます。
(1)ほこり、土、砂等が積もって汚れる
(2)油などの有機的な汚れ(キッチンの油汚れ、手あか、タバコのヤニ、排気ガス等々)
(3)無機質な汚れ、水垢、石鹸カス(金属石鹸)等
(4)菌類などの生物的なもの(カビなど)
上記の汚れで(1)のものは、それに起因する汚れは乾いていれば簡単に取り除けます。
掃除機掛けをすればいいのです。
(1)のほこりなどは床だけでなく、サッシ(サッシのレール)、家具の上、お部屋中あらゆるところ、特に水平な部分にたまります。
これは濡たり(湿ったり)してくっついていない、油などでべたついてなければ、掃除機で吸い取れば簡単に除去できます。 このようなほこりや土(砂)をいきなり濡れた雑巾とかで拭くと、余計に塗りたっくったように広がったり、汚れを引っ張ったりするだけで回収するのが面倒です。
いきなり、水ぶきや洗剤を掛けたりせず、乾いて乗っかっているだけの汚れはそのまま吸い取るのが一番です。
掃除機掛けと言うと床だけをイメージされがち、または床しかしない方も多いでしょうが、問題は、家具のうえやその他部屋の中にあるもの全てのモノの上に乗っかります。
クイックルワイパーにような静電気を利用したほこり払い(取り)の道具でも構いませんが、このような家具等の上に乗っかったほこりもマメに取れてた方がいいです。
床だけ掃除機をかけていると、掃除機は吸い込んだ分の空気を外に出してますので、掃除機をかけているとお部屋の中は空気が舞っています。その舞った空気で家具などの上に積もっていたほこり等が飛ばされ空気中に舞います。
結果床に落ちて、床の掃除機掛けをしているはなからほこりが舞ってまた床に積もるという現象が起きています。

またこのようにお部屋の中で舞ったほこりはエアコンの上にもつもりますし、エアコンを使っているとエアコン内部にもはいります。掃除機掛けをしている状態でなくとも、エアコンを使っていると、エアコンはお部屋の空気を吸い込んで冷やして(温めて)空気をまたお部屋に出します。部屋に空気が舞っています。そうなるとほこりも一緒に移動します。
エアコン内にほこりがたまるとカビが生えやすくなります。冷房(除湿)でエアコンを使っているとお部屋の湿気をエアコンが取ってくれた分エアコンは結露で湿気だらけです。
ほこりなどがついていない状態に比べるとついている方が、湿気(水分)をためやく(保水する)なります。ということでほこりがない状態より、カビが生えやすいというのは想像がつくと思います
という事で、ほこりなどはマメに取り除く事が、さらに汚れを促進させないという事につながります。掃除機掛け(ほこり払い)は掃除の基本なのです。
とは言ってもタンスの上などの高いところは椅子や踏み台などに乗って作業するのは面倒で危険です。このような高所のほこり取りなどの掃除もクリアライトお掃除サービスにお任せ下さい

洗剤のお話「混ぜるな!危険!!」

家庭用の市販の洗剤で「まぜるな!危険!」の表記があるものがあるのはみなさんも御存じの事。
しかし、何と何をまぜるとどう危険なのか ご存じじゃない。
以前エアコンクリーニングでうかがったお客さまのところであったお話。
私がリビングのエアコンクリーニングをしていると、キッチンでキッチンのお掃除を奥さんとその妹さんでされていた様子。
 そうすると排水口からボコボコと音がしてけむりのようなものがあがってきて姉妹で騒がれている。
様子をうかがうと、シンクの水垢をとるのにお酢の洗剤を使われていたとのこと。そしてそのまえに排水口をきれいにするのにパイプユニッシュの類の洗剤を使われていたとの事。
排水口に残っていたパイプユニッシュとお酢の洗剤が混ざって反応した模様。
排水口に残った微量のパイプユニッシュとお酢の洗剤も弱酸性だったのでそんなに塩素ガスは発生していないのですぐに大量に水を流し大事には至らなかった。
そもそも混ざると危険なのは強酸性の洗剤(トイレ洗剤サンポールなど)とハイタ—やカビ取り剤のような塩素系漂泊剤(次亜塩素酸ナトリウム)。
 お酢の洗剤は弱酸性の表記ではあるが酸性は酸性。パイプユニッシュは次亜塩素酸(混ぜるな危険の表記もあり) やはりまざると危険だと思います。
 洗剤を勝手にまぜるのは元々よくないし、混ぜる必要もない、意図的に混ぜないが前述のような混ぜるつもりはなくても混ざってしまうという事故の方があり得る。
要はただ混ぜるなという表記だと混ぜません。でも混ざると危険なものが分かってないとうっかり混ざってしまうケースの事故は起こりえる。

私どもが浴室清掃をする際はカビは次亜塩素酸ナトリウム、水垢や石鹸カスを落とすには酸性の洗剤を使用します。
当然、混ざらないように同時に使うことはしません、順番に対処し十分流してから次の工程に入り、混ざって塩素ガスを発生させるようなことはしません。
プロのハウスクリーナーなら常識のはなしですが一般の方は十分な知識がなく、前述のようなことをおこしてしまう可能性があります。
 これまで酸性の洗剤はトイレの洗剤くらいしか市販のものではなかったが水垢を落とすのに最近はお酢やクエン酸を使った酸性洗剤が市販化されています。
 ただ混ぜるなというのではなく何と何が混ざると危険なのかを知らさないと認知してもらわないといけないと思います。

お客様宅にうかがうハウスクリーニングは傾聴サービスでもある!?

ハウスクリーニングを頼まれる方には以下の理由でご年配の方も多いです。
歳をとって体力的に掃除がきつい、足腰がよわって高い所などの作業が危ない。
子供たちが独立し、一戸建てに老夫婦二人っきりでおうち全体の掃除ができない  等々
今のご年配の方々はお元気で、積極的に表にでていろいろなコミュニティーに参加されて他人と交流を十分持たれている方も多いですが、そうではなく、あまり普段、他人とそんなに会話する機会も少ないという方々も多いです。
そのような方々の場合、結構、お話をさせていただくことになる場合が多いです。
 作業にうかがって、作業前に作業の説明やお困りの点、気になる汚れ等の会話をしたり、作業後の説明、お会計時にお話しはしますが、その時点でも会話がどんどんひろがり、つい話し込むというケースも
 休憩や作業後にお茶などもいただくこともありますが、そのようなときにやはり、ハウスクリーニング以外の世間話やいろいろと話を聞いたり、話したりということもよくあります。
私自身も人と話をするのが嫌いではないので、よほど、次の予定等が過密でない限りは当然お客様とのコミュニケーションですから、時間があればお話します。ついつい話し込んじゃう、話し過ぎる事も。
ご年配の方に限らず、お話好きの主婦の方もそうです。
また機械等の技術的な話がお好きな男性の方とかはエアコンの仕組みや汚れのメカニズム、お手入れ方法、エアコン購入時のアドバイス的な話に興味を示されそこから話が膨らむことも。
このような仕事をしていて、うれしい事、励みになる事は、お客さんに喜んでいただいた時です。
お客さんと長話できるというのは、作業に満足いただき、私どものひととなりを信用していただき、少しでも心を開いて下さるからこそ、会話がはずむということだと思います。喜ばしい、うれしい限りです。


まずは掃除の技術、内容でお客様のお役に立てるよう努力は続けてまいりますが、お客さまとのコミュニケーションも大事です。ここも常にお客さまに信用され、喜んでいただけるよう努力していきます。

メディアで取り上げられている業者だから安心??

今、このサイトをご覧になっているあなたはハウスクリーニングを検討、業者探し等のお調べ中のことと思います。今やネットでいろいろ調べられる時代、色々なものやサービスの価格も
電化製品のように、メーカー、型番が同じならアフターサービスなどの付加サービスを除けば、どこで買ってもモノはいっしょなので価格の安い所で購入するのはいいでしょう。
でもハウスクリーニングやリフォームなどの作業を提供するものは、業者によって差があります。
ここでは私どもが以前に(経験したちょっと怖い業界の実態?裏側?についてお話します。これは同業他社批判と取られ兼ねない内容ではありますが、私どもが実際出くわした事例の紹介ということでお考え下さい。
ある年の11月末(11月25日ごろだったか)突然電話があり、要点は同業者(ハウスクリーニング業者)が施工業者を探している内容。
あるメディア(媒体)を使い、年末の掃除の集客を図る企画の話との事(具体的には書けませんが)で、それをこなしてくれるハウスクリーニング業者を探している様子。電話の時点で11月末、12月に実施する集客の企画に対し、今頃、施工業者を集っているのか?断ると、「仕事がなくて暇している知り合いの業者さんがいらしたら紹介してくれ」と、ハウスクリーニング業者なら何でもいいのか?
 後日、たまたまその(メディア)媒体に偶然にも接する機会があり、紹介されている内容は○○○(電話のあった業者の名前)のお掃除のプロだからこそできるレベルの高いハウスクリーニング・・・と  
1週間前にどのようなレベルでやっているかも全く知らないハウスクリーニング業者に電話をかけ、施工業者を集っているのに、さらにこの繁忙期に暇しているハウスクリーニング業者なんてろくでもないだろうに、それでもいいから使いたいと これで本当にレベルの高い仕事ができるのか???
 頼むお客様はこのような実態を知らずに頼まれるのかと思うと・・・

このようにメディア(媒体)を使った集客は以前のような物販だけではなく、我々のようなハウスクリーニングやリフォームなどの作業を提供するサービスにまで広がっています。
 そのメディア(媒体)で紹介されているから安心、もっともらしい理由で「通常価格よりもこんなに安く」という宣伝文句に飛びついて頼んじゃう方も多いと思います。
 でもちょっと冷静に考えてみてください。直接業者に頼むより、このようなルートはお金がかかるはず?なのになぜ安くできるの?モノなら大量に買い付けるので安く仕入れられますとかが通用するが、人が出向いて作業するものが大量受注で安くなるのでしょうか?
 まず、紹介しているメディア(媒体)の取り分が発生します。そしてこういうところで一斉に紹介すれば一度にたくさんの注文が来てそれを、それぞれの担当地域の施工業者に割り振りするオペレーション業務が必要となる。となるとこの部分の経費、利益等も必要となる。
 直接、施工業者に頼むよりも経費やマージンが乗っかるはずなのに安くできるのはなぜ?理由は簡単、実際にお客さまのところに行って作業する施工業者の取り分、施工金額がかなり安いということ。
 となると施工業者ってどんなところ(質)???これ以上書きませんがまぁ想像がつくでしょう
業者選びはご慎重に!


お風呂(浴室)のお手入れ、カビを防ぐ方法

ここでは お風呂(浴室)のお手入れについてお話します
浴室の汚れは湯あか、水垢、石鹸カス、カビです。
汚れやすいのはやはり身体を洗う洗い場です。洗っているときに飛び散った石鹸、ボディーソープ、シャンプーなど汚れを含んだこれらのものが壁や床、ドアにつきます。身体の皮脂汚れ等が湯あか、石鹸成分と水道水のカルシウムなどのミネラル分が結合し固着したものが石鹸カス(金属石鹸)です。
一旦つけて固着させると、通常、市販のお風呂用洗剤ではなかなか落とせません。かたいスポンジ等でごしごし物理力に頼れば多少落ちますが。

ここで話すお手入れはついた汚れの落とし方ではなく、このような汚れをつけないためのお手入れの話です。
まずはお風呂を上がる前に壁や床やドアに飛び散ったものを十分に洗い流すことです。ついてすぐなら流すだけでも結構落とせます。さらに念を入れるならスポンジ等でこすりながらシャワーで流す事です。洗剤なしでも流しながらこするだけでもかなりちがいます。
これで湯あか、石鹸カスの付着はかなり防げます。ただこのままでは水垢は付きます。シャワーで流した水(お湯)で濡れて放置していると、水道水中の純水部分だけ蒸発し、カルシウム等のミネラル分が固着し水垢になります。ですので水分をとっておく事です。これは同時にカビ防止にもなります
とは言っても、せっかく汗をながした、温ったまったのに浴室内を拭くのはまた汗をかく(夏)、身体が冷える(冬) 等の問題があります。なにより面倒くさい
拭くのは大変なので、拭くより少し楽なのが車のワイパーのようなゴムで水を切ることです。私たちプロの掃除屋さんが窓ガラス清掃につかうスクイジーというものの類いです。お風呂用品でも最近はホームセンターなどにもありますし、カー用品でも探せばあります。あまり黒いゴムのは使わない方がいいです。万が一ゴムが削れて黒いスジが壁とかにつく可能性もありますので。
次にカビ防止です。カビを発生させないのは乾かすことです。前述のように、ゴムのワイパーのようなもので水をきることと換気です。
乾かすのに浴室乾燥機をつかうご家庭も多いですが、乾燥機であたためて急速に乾燥させると、急激に純水分だけ蒸発しミネラル分だけが結晶凝固し固着し水垢になります。
 換気で乾かす場合、戸建て等の場合、窓を開けて外気を取り入れ乾かそうと考えがちですが、窓は開けずにドアも締め、換気扇を回す方がいいです。浴室のドアの下部には吸気口がありそこから吸気し換気扇から排気し換気しております。浴室はこの空気の流れで十分換気できるよう空気の流れ(気流)を考え設計されてます。その換気システムをちゃんと使った方が換気できます。



<<前のページへ123

アーカイブ