HOME > お掃除ブログ > アーカイブ > 2018年9月

お掃除ブログ 2018年9月

掃除の基本 掃除機かけ

今日は掃除の基本、掃除機掛けのお話。
おうちの掃除でもっとも日常的に行われているのが掃除機掛け、そういう意味でも掃除機掛けは掃除の基本中の基本と言えるでしょう。
話が少しそれますが、そもそも汚れはあらっぽく大きく分けて以下の4種類に分けられます。
(1)ほこり、土、砂等が積もって汚れる
(2)油などの有機的な汚れ(キッチンの油汚れ、手あか、タバコのヤニ、排気ガス等々)
(3)無機質な汚れ、水垢、石鹸カス(金属石鹸)等
(4)菌類などの生物的なもの(カビなど)
上記の汚れで(1)のものは、それに起因する汚れは乾いていれば簡単に取り除けます。
掃除機掛けをすればいいのです。
(1)のほこりなどは床だけでなく、サッシ(サッシのレール)、家具の上、お部屋中あらゆるところ、特に水平な部分にたまります。
これは濡たり(湿ったり)してくっついていない、油などでべたついてなければ、掃除機で吸い取れば簡単に除去できます。 このようなほこりや土(砂)をいきなり濡れた雑巾とかで拭くと、余計に塗りたっくったように広がったり、汚れを引っ張ったりするだけで回収するのが面倒です。
いきなり、水ぶきや洗剤を掛けたりせず、乾いて乗っかっているだけの汚れはそのまま吸い取るのが一番です。
掃除機掛けと言うと床だけをイメージされがち、または床しかしない方も多いでしょうが、問題は、家具のうえやその他部屋の中にあるもの全てのモノの上に乗っかります。
クイックルワイパーにような静電気を利用したほこり払い(取り)の道具でも構いませんが、このような家具等の上に乗っかったほこりもマメに取れてた方がいいです。
床だけ掃除機をかけていると、掃除機は吸い込んだ分の空気を外に出してますので、掃除機をかけているとお部屋の中は空気が舞っています。その舞った空気で家具などの上に積もっていたほこり等が飛ばされ空気中に舞います。
結果床に落ちて、床の掃除機掛けをしているはなからほこりが舞ってまた床に積もるという現象が起きています。

またこのようにお部屋の中で舞ったほこりはエアコンの上にもつもりますし、エアコンを使っているとエアコン内部にもはいります。掃除機掛けをしている状態でなくとも、エアコンを使っていると、エアコンはお部屋の空気を吸い込んで冷やして(温めて)空気をまたお部屋に出します。部屋に空気が舞っています。そうなるとほこりも一緒に移動します。
エアコン内にほこりがたまるとカビが生えやすくなります。冷房(除湿)でエアコンを使っているとお部屋の湿気をエアコンが取ってくれた分エアコンは結露で湿気だらけです。
ほこりなどがついていない状態に比べるとついている方が、湿気(水分)をためやく(保水する)なります。ということでほこりがない状態より、カビが生えやすいというのは想像がつくと思います
という事で、ほこりなどはマメに取り除く事が、さらに汚れを促進させないという事につながります。掃除機掛け(ほこり払い)は掃除の基本なのです。
とは言ってもタンスの上などの高いところは椅子や踏み台などに乗って作業するのは面倒で危険です。このような高所のほこり取りなどの掃除もクリアライトお掃除サービスにお任せ下さい

洗剤のお話「混ぜるな!危険!!」

家庭用の市販の洗剤で「まぜるな!危険!」の表記があるものがあるのはみなさんも御存じの事。
しかし、何と何をまぜるとどう危険なのか ご存じじゃない。
以前エアコンクリーニングでうかがったお客さまのところであったお話。
私がリビングのエアコンクリーニングをしていると、キッチンでキッチンのお掃除を奥さんとその妹さんでされていた様子。
 そうすると排水口からボコボコと音がしてけむりのようなものがあがってきて姉妹で騒がれている。
様子をうかがうと、シンクの水垢をとるのにお酢の洗剤を使われていたとのこと。そしてそのまえに排水口をきれいにするのにパイプユニッシュの類の洗剤を使われていたとの事。
排水口に残っていたパイプユニッシュとお酢の洗剤が混ざって反応した模様。
排水口に残った微量のパイプユニッシュとお酢の洗剤も弱酸性だったのでそんなに塩素ガスは発生していないのですぐに大量に水を流し大事には至らなかった。
そもそも混ざると危険なのは強酸性の洗剤(トイレ洗剤サンポールなど)とハイタ—やカビ取り剤のような塩素系漂泊剤(次亜塩素酸ナトリウム)。
 お酢の洗剤は弱酸性の表記ではあるが酸性は酸性。パイプユニッシュは次亜塩素酸(混ぜるな危険の表記もあり) やはりまざると危険だと思います。
 洗剤を勝手にまぜるのは元々よくないし、混ぜる必要もない、意図的に混ぜないが前述のような混ぜるつもりはなくても混ざってしまうという事故の方があり得る。
要はただ混ぜるなという表記だと混ぜません。でも混ざると危険なものが分かってないとうっかり混ざってしまうケースの事故は起こりえる。

私どもが浴室清掃をする際はカビは次亜塩素酸ナトリウム、水垢や石鹸カスを落とすには酸性の洗剤を使用します。
当然、混ざらないように同時に使うことはしません、順番に対処し十分流してから次の工程に入り、混ざって塩素ガスを発生させるようなことはしません。
プロのハウスクリーナーなら常識のはなしですが一般の方は十分な知識がなく、前述のようなことをおこしてしまう可能性があります。
 これまで酸性の洗剤はトイレの洗剤くらいしか市販のものではなかったが水垢を落とすのに最近はお酢やクエン酸を使った酸性洗剤が市販化されています。
 ただ混ぜるなというのではなく何と何が混ざると危険なのかを知らさないと認知してもらわないといけないと思います。

お客様宅にうかがうハウスクリーニングは傾聴サービスでもある!?

ハウスクリーニングを頼まれる方には以下の理由でご年配の方も多いです。
歳をとって体力的に掃除がきつい、足腰がよわって高い所などの作業が危ない。
子供たちが独立し、一戸建てに老夫婦二人っきりでおうち全体の掃除ができない  等々
今のご年配の方々はお元気で、積極的に表にでていろいろなコミュニティーに参加されて他人と交流を十分持たれている方も多いですが、そうではなく、あまり普段、他人とそんなに会話する機会も少ないという方々も多いです。
そのような方々の場合、結構、お話をさせていただくことになる場合が多いです。
 作業にうかがって、作業前に作業の説明やお困りの点、気になる汚れ等の会話をしたり、作業後の説明、お会計時にお話しはしますが、その時点でも会話がどんどんひろがり、つい話し込むというケースも
 休憩や作業後にお茶などもいただくこともありますが、そのようなときにやはり、ハウスクリーニング以外の世間話やいろいろと話を聞いたり、話したりということもよくあります。
私自身も人と話をするのが嫌いではないので、よほど、次の予定等が過密でない限りは当然お客様とのコミュニケーションですから、時間があればお話します。ついつい話し込んじゃう、話し過ぎる事も。
ご年配の方に限らず、お話好きの主婦の方もそうです。
また機械等の技術的な話がお好きな男性の方とかはエアコンの仕組みや汚れのメカニズム、お手入れ方法、エアコン購入時のアドバイス的な話に興味を示されそこから話が膨らむことも。
このような仕事をしていて、うれしい事、励みになる事は、お客さんに喜んでいただいた時です。
お客さんと長話できるというのは、作業に満足いただき、私どものひととなりを信用していただき、少しでも心を開いて下さるからこそ、会話がはずむということだと思います。喜ばしい、うれしい限りです。


まずは掃除の技術、内容でお客様のお役に立てるよう努力は続けてまいりますが、お客さまとのコミュニケーションも大事です。ここも常にお客さまに信用され、喜んでいただけるよう努力していきます。

メディアで取り上げられている業者だから安心??

今、このサイトをご覧になっているあなたはハウスクリーニングを検討、業者探し等のお調べ中のことと思います。今やネットでいろいろ調べられる時代、色々なものやサービスの価格も
電化製品のように、メーカー、型番が同じならアフターサービスなどの付加サービスを除けば、どこで買ってもモノはいっしょなので価格の安い所で購入するのはいいでしょう。
でもハウスクリーニングやリフォームなどの作業を提供するものは、業者によって差があります。
ここでは私どもが以前に(経験したちょっと怖い業界の実態?裏側?についてお話します。これは同業他社批判と取られ兼ねない内容ではありますが、私どもが実際出くわした事例の紹介ということでお考え下さい。
ある年の11月末(11月25日ごろだったか)突然電話があり、要点は同業者(ハウスクリーニング業者)が施工業者を探している内容。
あるメディア(媒体)を使い、年末の掃除の集客を図る企画の話との事(具体的には書けませんが)で、それをこなしてくれるハウスクリーニング業者を探している様子。電話の時点で11月末、12月に実施する集客の企画に対し、今頃、施工業者を集っているのか?断ると、「仕事がなくて暇している知り合いの業者さんがいらしたら紹介してくれ」と、ハウスクリーニング業者なら何でもいいのか?
 後日、たまたまその(メディア)媒体に偶然にも接する機会があり、紹介されている内容は○○○(電話のあった業者の名前)のお掃除のプロだからこそできるレベルの高いハウスクリーニング・・・と  
1週間前にどのようなレベルでやっているかも全く知らないハウスクリーニング業者に電話をかけ、施工業者を集っているのに、さらにこの繁忙期に暇しているハウスクリーニング業者なんてろくでもないだろうに、それでもいいから使いたいと これで本当にレベルの高い仕事ができるのか???
 頼むお客様はこのような実態を知らずに頼まれるのかと思うと・・・

このようにメディア(媒体)を使った集客は以前のような物販だけではなく、我々のようなハウスクリーニングやリフォームなどの作業を提供するサービスにまで広がっています。
 そのメディア(媒体)で紹介されているから安心、もっともらしい理由で「通常価格よりもこんなに安く」という宣伝文句に飛びついて頼んじゃう方も多いと思います。
 でもちょっと冷静に考えてみてください。直接業者に頼むより、このようなルートはお金がかかるはず?なのになぜ安くできるの?モノなら大量に買い付けるので安く仕入れられますとかが通用するが、人が出向いて作業するものが大量受注で安くなるのでしょうか?
 まず、紹介しているメディア(媒体)の取り分が発生します。そしてこういうところで一斉に紹介すれば一度にたくさんの注文が来てそれを、それぞれの担当地域の施工業者に割り振りするオペレーション業務が必要となる。となるとこの部分の経費、利益等も必要となる。
 直接、施工業者に頼むよりも経費やマージンが乗っかるはずなのに安くできるのはなぜ?理由は簡単、実際にお客さまのところに行って作業する施工業者の取り分、施工金額がかなり安いということ。
 となると施工業者ってどんなところ(質)???これ以上書きませんがまぁ想像がつくでしょう
業者選びはご慎重に!


お風呂(浴室)のお手入れ、カビを防ぐ方法

ここでは お風呂(浴室)のお手入れについてお話します
浴室の汚れは湯あか、水垢、石鹸カス、カビです。
汚れやすいのはやはり身体を洗う洗い場です。洗っているときに飛び散った石鹸、ボディーソープ、シャンプーなど汚れを含んだこれらのものが壁や床、ドアにつきます。身体の皮脂汚れ等が湯あか、石鹸成分と水道水のカルシウムなどのミネラル分が結合し固着したものが石鹸カス(金属石鹸)です。
一旦つけて固着させると、通常、市販のお風呂用洗剤ではなかなか落とせません。かたいスポンジ等でごしごし物理力に頼れば多少落ちますが。

ここで話すお手入れはついた汚れの落とし方ではなく、このような汚れをつけないためのお手入れの話です。
まずはお風呂を上がる前に壁や床やドアに飛び散ったものを十分に洗い流すことです。ついてすぐなら流すだけでも結構落とせます。さらに念を入れるならスポンジ等でこすりながらシャワーで流す事です。洗剤なしでも流しながらこするだけでもかなりちがいます。
これで湯あか、石鹸カスの付着はかなり防げます。ただこのままでは水垢は付きます。シャワーで流した水(お湯)で濡れて放置していると、水道水中の純水部分だけ蒸発し、カルシウム等のミネラル分が固着し水垢になります。ですので水分をとっておく事です。これは同時にカビ防止にもなります
とは言っても、せっかく汗をながした、温ったまったのに浴室内を拭くのはまた汗をかく(夏)、身体が冷える(冬) 等の問題があります。なにより面倒くさい
拭くのは大変なので、拭くより少し楽なのが車のワイパーのようなゴムで水を切ることです。私たちプロの掃除屋さんが窓ガラス清掃につかうスクイジーというものの類いです。お風呂用品でも最近はホームセンターなどにもありますし、カー用品でも探せばあります。あまり黒いゴムのは使わない方がいいです。万が一ゴムが削れて黒いスジが壁とかにつく可能性もありますので。
次にカビ防止です。カビを発生させないのは乾かすことです。前述のように、ゴムのワイパーのようなもので水をきることと換気です。
乾かすのに浴室乾燥機をつかうご家庭も多いですが、乾燥機であたためて急速に乾燥させると、急激に純水分だけ蒸発しミネラル分だけが結晶凝固し固着し水垢になります。
 換気で乾かす場合、戸建て等の場合、窓を開けて外気を取り入れ乾かそうと考えがちですが、窓は開けずにドアも締め、換気扇を回す方がいいです。浴室のドアの下部には吸気口がありそこから吸気し換気扇から排気し換気しております。浴室はこの空気の流れで十分換気できるよう空気の流れ(気流)を考え設計されてます。その換気システムをちゃんと使った方が換気できます。


1

« 2018年8月 | メインページ | アーカイブ | 2018年10月 »