HOME > お掃除ブログ > アーカイブ > 換気扇

お掃除ブログ 換気扇

当たり前の気遣い

これはある意味、ごく当たり前のことではありますが、なかなか当たり前のことを当たり前にできない業者さんもいない訳ではないので書きます。
ハウスクリーニング時に気を付ける当たり前のことの中の1つに清掃箇所はきれいにしておいて他の周りの部分を汚したりキズをつけたりしては絶対にいけないということ。

分かりやすいので、今回はレンジフードクリーニングの際の養生等を例に話します。

キッチンのお掃除は頼まれず、レンジフード単品のハウスクリーニングの場合、ターゲットのレンジフード以外のキッチンの多くのエリアが作業スペースなります。

レンジフードの真下にはガスコンロ(IHコンロ)があり、またそのコンロとレンジフードの間はキッチンのパネル(壁)があります。クリーニング作業中洗剤や油が当然、落ちることも。
レンジフードを綺麗にしてまわりを汚しては何にもなりません。
 また作業するのにキッチンのカウンターもシンクも使用させていただきます。
そこも汚さない、傷つけないのが当たり前、ということで養生をきっちりします。
 掃除屋なんで汚したらきれいにしたらいい、サービスで作業範囲外のその辺りもどうせ少し掃除するからと養生なしでやる作業者・業者さんもいます。
 実際の作業前に準備で手間・時間がかかる、養生につかうマスカーやテープ等の消耗品のコストがかかるというのもやらない理由かも知れません。
 正直、本音を言うと「ここまで気を使ってますよ」というパフォーマンス的要素もない訳ではありません。あとでちゃんときれいにするとは言え作業の最中に養生していないこれらの箇所に油が飛び散っているさまをお客さまがみたらどう思われるでしょう。作業者の頭の中では「あとでちゃんときれいにしますから」というのがあっても途中経過のその状態をみたら「だいじょうぶ?」って思われることも。

 写真のようにガス代やカウンターにはタオルを引きレンジフードのすぐ下のパネル部分から養生のマスカーをしキッチン汚れや洗剤、水がとびそうなところを養生します。
 シンクもバケツを置いたり洗浄するレンジフードのパーツで傷をつけないようマットを置きます。

 排水溝のゴミ受けのカゴも自前のものに交換して作業します。(サイズ・形状等が特殊で交換できない場合はネットを張るなりできる限りよごさないよう心掛けます。

 汚れを落とす技術も大事ですが、お客さまに安心を与える、当たり前のことを当たり前にできる事も大切なことだと思います。

浴室、トイレの換気扇クリーニング

長くお使いのお風呂で最近、以前よりカビの生えるのが早い(ひどい)ということありませんか?
使用後のトイレのニオイが中々消えない、そんなことも
もしかすると換気扇にホコリや汚れがつまり、うまく換気できていないかも知れません
写真をご覧下さい。


ビフォーはホコリがいっぱい詰まっています。これでは空気をかき回すことができず、換気できません。換気できてなければお風呂は中々湿気がとれずカビの温床に。
トイレはニオイがとれず、くさいまま。
お宅のお風呂、トイレは大丈夫ですか?
素人では換気扇のフタ(カバー)すら外し方がわからず、入居したまま放置、年数が経っていればそれだけすごいことに・・・。
 カバーすら外せないので当然、中のファン等を分解してまでのお掃除は無理。
となると我々プロの出番です。
 小さな換気扇で簡易的に外せるタイプは通常の浴室、トイレクリーニングの際についでに無償で行いますが。電動工具等で外す必要があるものはオプション(有料)になります
(例:写真のタイプのものはオプションです
機種や形状によりはずせないものもあります。外すと戻せないタイプのもの(ネジではなく一度外すと広がって再度刺せなくなる樹脂のピン止めのタイプなど)もあるので換気扇分解クリーニング対応不可のものもあります。
トイレ、浴室の換気扇クリーニングのご依頼は単品での対応はしておりません。基本、浴室、トイレクリーニングをお頼みいただいてのオプションになります。
また注意事項として、クリーニングの前後で以下の理由で音の変化が生じますのでご理解の上、お申込み下さい。
ホコリや汚れが取れたことにより、風量が増し、風の音が大きくなりうるさく感じる。
モーターの負担が軽くなり音が小さくなる。ホコリ、汚れが取れ回転が軽やかになりモーターの音が際立ってクリーニング前と違った音に聞こえる(ホコリで音がこもっていたので気づかなかったモーターの劣化等による音がホコリ等が取れてクリアに聞こえモーター音が目立つようになる)ホコリ、汚れがついていた状態で長年、回転していてその状態で取れていたバランスとホコリ、汚れが取れた状態での回転バランスが異なるため、音が変わる。等々、状態や汚れ具合で変化の仕方も異なりますのでご理解下さい。

1

« サッシクリーニング | メインページ | アーカイブ | 洗剤 »